コラム

 

立春

2月4日に立春を迎えました。文字どおり「春立つ」時節ということで、寒さも峠を越えこれから春に向かうことを意味します。その立春をめでるかのようにこの4日は気持ちの良い快晴の一日でした。筆者は日中、犀川河川敷をウオーキングし、夜は兼六園の雪吊のライトアップを見に出かけました。犀川では水の勢いが増し川石を越える瀬音の高鳴りに春の訪れを感じました。また、写真にある兼六園のライトアップされた雪吊は幻想的で、・・・続きを読む

 

新年を迎えて

新しき年を迎え心からお慶び申し上げます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。今年も元旦、二日と冬晴れとなり、金沢市内は初詣や観光客など多くの人出がありました。筆者は金沢に転居しての初めてのお正月であり、「恵方」になるかわかりませんが、家族と金沢城公園から兼六園を散策してその近くの神社に初詣をしました。写真は金沢城公園内にある「玉泉院丸庭園」です。弊社も設計に携わらせていただきました。数多くの雪吊・・・続きを読む

 

心静める

早いもので今年もあと半月となりました。社屋から見える山々は頂から白くなり、季語でいう「山眠る」頃になりました。里に出没している熊も冬眠のために穴に入る時期です。 熊の冬眠は比較的浅い眠りで、この間に子を産んで、春には一緒に穴から出てくると言われています。人間もこの時期は戸外での活動がめっきり減りますが、私達の業務はまだまだ現場作業が多くあり、寒さに向かって気合いを入れているところです。日めくりに背・・・続きを読む

 

冬支度

立冬が過ぎ、暦の上では冬の始まりです。これから先、ぴんと張りつめた冷気で地面が凍てついたり、夜間の冷え込みを肌でいっそう感じられる頃になりました。筆者など今の高齢者が子どもだった頃、人の暮らしは現代以上に季節に密接だったように思います。冬を迎えるための支度や心構えなどが生活の必要事項であり、衣食住のいずれにも気配りをしたように思います。この11月の北陸は雲で空が重い日が多く、薄日がさして見える景色・・・続きを読む

 

55期の始まり

暦の上では晩秋、「寒露」を過ぎる頃となりました。「寒露」になると朝晩の冷え込みがはっきり感じられ、朝早く草や葉に露が宿るようになります。 弊社、10月1日より第55期がスタートしました。お客様のニーズをもとに新しい目標、課題に取り組んでいく所存です。さて昨今、オリンピック会場や豊洲市場の問題などに象徴されるように、従来よいとされていたことが、ある時を境に覆されることが取り上げられるようになりました・・・続きを読む

1 / 612345...最後 »