代表取締役社長 新家 久司

昭和39年の創業以来、弊社は建設総合コンサルタントとして着実な歩みを続け、今では設計、調査、補償、測量、地質それぞれの専門分野を核とする、多くの関連資格取得者を擁する専門技術者集団へと成長してまいりました。皆様の暖かいご支援の賜物と、御礼申し上げます。

我が国では東日本大震災の発生により、災害復興、地域の防災などの緊急的な課題に直面している中、さらに公共施設の老朽化が社会問題となっております。また、社会資本整備のニーズは、ますます高度化し多様化しております。

私ども建設コンサルタントは、これからの地域づくり、社会資本整備を考えるとき、必要な専門技術力において「深さ」と「広さ」を求められる時代になってきました。

環境への配慮、地域独自の文化・歴史との調和、事業計画の経済性評価、構造物の長寿命化などといった、複合的かつ総合的な観点からの知識、経験、判断力が何よりも必要とされています。

弊社はこうした課題に応えていくため、それぞれの分野におけるエキスパートの育成に力を注ぐと同時に分野横断的に情報とノウハウを共有しうる組織や設備の整備を進めてきました。

建設コンサルタントにとっての最終的なクライアントである住民や将来の子供たちのために、いま何をすべきか、何ができるのか。私たち株式会社 国土開発センターは、地域密着型の建設コンサルタントを目指し、発注者のよき技術的パートナーとして、これまでも、これからもたゆまぬ研鑽を積み重ねていきたいと思っています。

今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。