recruitment

人材育成

国土開発センターには、一流の技術者を育てるための研修・教育体制があります。

人材育成の考え方

当社は、高度技術者集団として、〈能力〉や〈知恵〉を絞ってサービスを提供する集団です。そのため、技術者個人個人の能力アップがサービスの高付加価値につながると考えています。したがって、社員の能力開発や人材育成のための環境づくりが非常に大切だと考えています。
研修は、新入社員研修から始まり、階層別研修、職種別研修、職場OJT研修、Off-JT研修などがあり、多くのキャリア・スキルアップの機会を設けています。

教育体系

教育体系図

研修・教育

技術伝承塾

国土開発センター独自の取り組み

会社全体の技術のレベルアップを目的とし、ベテラン技術者の体験談、得られた知見をもとにベテラン技術者と次世代を担う第一線の技術者が自由に意見交換する技術伝承塾を定期的に開催しています。

国土開発センター技術士会

国土開発センター独自の取り組み

会社全体の技術力向上や後進育成のために、技術士資格を有する社員が技術士を目指す社員のサポートを行ったり(選択試験、論述対策個別指導)、社内外を通した技術者交流を行っています。

新入社員研修

入社1ヶ月程度の期間を新入社員基礎研修期間と位置付け、社会人としてのビジネスマナーやルール、当社のサービスへの理解を深める研修を実施しています。
基礎研修期間を終えると、配属先でのOJT研修が中心となりますが、総務部主導によるOff-JT研修等を通して、コンサルタント技術者として人材能力育成を行っています。
その他、社外講師を招いてのスキルアップ研修やモラル研修を定期的に実施しています。

階層別研修

組織においてはそれぞれの立場にあった役割と責任があるとの観点から、階層別研修では、組織における個々の立場や役割を認識し、主体性を引き出すことによって、組織の活性化に努めています。

職種別研修

職種別研修では、それぞれの専門分野ごとに専門的な知識・情報などを共有し、より高度なサービス提供に資することを目的としています。

管理職研修

各セクションにおける管理者の役割が組織の目的達成に非常に大きく関わるとの観点から、組織運営方法や目標管理、部下育成の知識・技術の醸成することで組織ぐるみの目的達成を図っています。

技術士試験対策講座

技術士試験を希望する社員に対し、専門科目ごとの各技術士保有者が選択試験、論述対策を個別指導を行い、技術士合格に向けてサポートしています。