Interview

高橋 昌里

環境3部 / 2017年度入社
石川県立大学 生物資源環境学部
環境科学科卒

新卒採用

発注者の良き相談相手として、住みよい街づくりへと導く技術者になりたい。

Question

入社の動機

私は大学で環境科学について学び、将来は大学で学んだことを活かせるような仕事に就きたいと考えました。そして様々な業種の中で、建設コンサルタントという職業は人々の生活と環境を整備し、暮らしやすい街づくりが出来るという魅力ある仕事だと知り、この業界を目指すようになりました。その中でも当社は様々な仕事があり、幅広い分野での地域貢献が出来ること、大学生活の4年間を過ごした石川県で活躍出来ることから、入社を志望しました。

Question

現在の仕事内容

私の所属する部署は主に土地区画整理を専門とする部署で、道路や公園などの公共施設を整備し、土地の区画を再編することでより暮らしやすい街を作ることが仕事です。私は主に協議資料や図面の作成などを担当し、地権者への説明会などにも参加しています。

Question

成功談・失敗談

すぐに終わらせられる作業や伝言を「すぐに出来るから」と後回しにして、そのまま忘れてしまうことがありました。その場でやれないことはメモに残して、後からでも忘れずに出来るように心掛けています。成功談というほどではありませんが、資料やプレゼンの疑問点、こうしたらもっと分かりやすいのではという点は進んで発言するようにしています。間違いのないより良い成果品を作ることが大切なので、そういった指摘を褒められることもあります。

Question

今後の抱負

現在の仕事は大学で学んだこととは少し違う分野のため、知識としてはほぼゼロからのスタートでした。特に土地区画整理事業は街を作るという大きな事業であり、土木系だけでなく法律の知識も必要になるなど、勉強することは膨大にあります。今後は日々の業務だけでなく資格の取得や講習への参加によっても技術力・知識を吸収し、将来は発注者の良き相談相手として、住みよい街づくりへと導いていける技術者となりたいです。

Question

学生へのメッセージ

就活をしている皆さんの中には、大変な思いをしている人も少なくないと思います。それでも私は就活に対して「前向きに」「妥協せず」取り組むべきだと思います。否定的で後ろ向きだと嫌になるばかりです。嫌になって妥協すれば、必ず後から後悔してしまうと思います。どうせやるなら楽しんで頑張りましょう!

高橋 昌里

新潟県出身。