Interview

佐々木 一樹

設計3部 / 2018年度入社
福井工業大学
工学部 建築生活環境学科卒

新卒採用

人々の生活の基盤を設計・整備し、今後何十年も使われる構造物を設計できる仕事が魅力。

Question

入社の動機

私は大学で土木の分野を専攻しており、大学で学んだことを活かす事ができる仕事につきたいと思いました。就職活動をしていく中で建設コンサルタントという職業は人々の生活の基盤となるものを設計・整備していき、今後何十年も使われていく構造物を設計できる仕事としり、建設コンサルタントという業種を選択しました。中でも当社は地域に貢献しており、地元である石川県に私も貢献できればと思い入社を希望しました。

Question

現在の仕事内容

私が所属する部署は主に農業土木としての設計や機能診断の業務に携わっています。現在は先輩方の補助として一つの業務の一部分を行っていますが、勉強や経験を積んで一人でも業務をこなせるように頑張っていきます。

Question

成功談・失敗談

失敗談は、思い込みのまま作業を行ってしまったために、作業をもう一度最初からやり直さなければならなくなったことです。分からなければすぐに確認し、時間をかけてでも正確なものを作らなければいけないと思いました。

Question

今後の抱負

仕事を行っていく上で、まだまだ分からないこと、疑問に思うことがあり、今後様々な業務に取り組んでいき自分自身の力にしていきたいと思います。また、現在は目標としている「二級土木施工管理技士」の資格取得のため日々勉強に励んでいます。

Question

学生へのメッセージ

私が学生の頃にやるべきだったと感じたのはExcelの技術向上と資格取得に向けての勉強でした。業務においてはExcelを使うことが多く簡易化するために関数を少しでも多く理解しておくべきだったと感じました。資格は必ず必要になってきますので、学生の時代から資格取得に向けての勉強が必要だと感じました。勉強も大切ですが、学生時代の遊びも大切ですので、両立を心掛けて頑張ってください。

佐々木 一樹

石川県出身。